顔のシワ,コラーゲン,ヒアルロン酸

顔のシワ物語 コラーゲンとヒアルロン酸の究極の出会いとは!?

 

顔のシワには美肌効果のある、
コラーゲンとヒアルロン酸が関係していると思われますが
コラーゲンとヒアルロン酸は肌へどんな効果をもたらすのでしょうか?

 

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸の働きは顔のシワに関係がある?

 

 

まず、どちらも体のいろんな所に存在していますが、
“コラーゲン”はたんぱく質の一種で
血管・腱・歯・骨・皮膚などに多く存在しています。

 

 

細胞同士をつないだり、
皮膚においては皮膚組織の真皮層の70%がコラーゲンと言われています。

 

肌の弾力を保つ役割をしています。

 

 

次に“ヒアルロン酸”は
皮膚・軟骨・目・脳・関節液などに多く含まれ、

 

水の分子を結びつけるので、
肌や目の潤いを保ち、関節の動きをスムーズにしてくれます。

 

 

 

コラーゲンとヒアルロン酸の肌への効果とは

 

 

この二つの成分は、肌にとってどちらも大切な成分ですが、役割は違います。

 

 

まず、
“コラーゲン”は真皮の中にあり、
細胞と細胞をつなぐスプリングの様な働きを持ち、
皮膚の約40%を占める肌の土台になります。

 

 

また、コラーゲンは、表皮細胞の新陳代謝を促し、
肌に弾力を与え、老化を防ぐ役割もしています。  

 

 

 

次に
“ヒアルロン酸”は1gで6?もの水分を保つ事の出来る、
とても“高い保水力”を持っています。

 

皮膚の真皮層でコラーゲンや
エラスチンなどの成分の隙間を埋め水分を抱え込み、肌の潤いを保っています。

 

 

 

 

コラーゲンとヒアルロン酸は助け合っている

 

 

 

*皮膚組織の9割は真皮ですが、
コラーゲンが張り巡らされ、肌を引き締めてくれています。

 

このコラーゲンの間を埋めているのは主成分が
“ヒアルロン酸”であるプリテオグリカンと言う成分です。

 

 

*“ヒアルロン酸”が少なくなれば、肌は“乾燥”し、
“コラーゲン”が少なくなればヒアルロン酸を
束ねる事が出来なくなるので、肌は“たるみ”ます。

 

 

ですから、肌を美しく保つには、
“コラーゲンとヒアルロン酸がバランスよく”肌にある事が大切だと言えます。

 

 

 

*“線維芽細胞”は真皮層を支える
コラーゲンやヒアルロン酸を生み出している部分です。

 

新しい細胞を作るだけでなく、
古くなった細胞を分解して新陳代謝を促します。

 

 

自ら細胞分裂を起こして真皮の構造を作ることから、
“真皮層の源”ともいえます。

 

 

ですから、この線維芽細胞が“紫外線”によるダメージを受けると、
働きが衰えコラーゲンやヒアルロン酸の減少につながってしまいます。

 

 

 

この様な事から、顔のシワのケアにはコラーゲンもヒアルロン酸も
大切な役割を持っていることが分かりましたね。

 

しかし、どの様な情報を見ても、一番の悪は『紫外線』のようですね。

 

 

私は、病気で紫外線を浴びれない体になってしまいましたが、
今では病気のお蔭で、“綺麗な肌だね♪”と褒められています♪(誰に・・・・?^^;)

 

 

この事から、今では紫外線を浴びれなくなった事に感謝しています^^

 

 

 

皆さんも、正しいスキンケア、
紫外線対策で綺麗な肌を手にいれましょう!